がん予防12カ条その4

PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。 しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。 財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」のJKです。

J適度に運動をするようにこころがけましょう。
栄養、運動、そして休養は、健康な生活を送るための条件といえます。疲労やストレスがたまると体の色々な生理機能が低下し、病気にかかりやすくなります。気分転換のためにも健康づくりのためにも、適度な運動をしましょう。

K体をいつも清潔にしましょう。
毎日シャワーや入浴をして体を清潔に保つことで、皮膚がんや陰茎がん、子宮頸がんなどが予防できます。皮膚の汚れを取り除き、いつも清潔に心がけましょう。

PET検査を各検査機関で受けられるようになり、条件はあるものの保険適用がされるようになってきました。現代病といわれるがんですが、がんは早期発見できればそれほど怖い病気ではなくなってきました。PET検査は今後も更にがんの早期発見に役立つことでしょう。

しかし一番良いのはPET検査を受けずにすむ健康な身体を維持し続けることです。 もう一度自分の身体を見つめなおすことが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。