がん予防12カ条その2

PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。 しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。 財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」のD〜Fです。

Dたばこは吸わないようにしましょう。
ある調査では1日25本以上たばこを吸う人は、吸わない人に比べて肺がんになる割合は7倍以上、喉頭がんは倍以上の死亡比になることが分かっています。がん予防のために禁煙もしくは本数を減らすことをおすすめします。

E食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く摂りましょう。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンや食物の繊維質は、がんの発生を防ぐ作用があることが明らかになっています。ビタミンや繊維成分を、自然の食品の中からしっかり摂ることが大切です。

F塩辛いものは少なめに、熱いものは冷ましてから飲みましょう。
日本人に多い胃がんの発生に密接な関係を持つとされているのが、塩分の摂取です。また、熱い茶がゆをよく食べる地方に食道がんが多いという報告もあります。塩分は控えめにし、熱いものは冷ましてから食べることをおすすめします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。