再発がん・転移ガンのPET検査

PET検査はがんの転移や再発に対しての検査にも活用されています。 一般的に再発がんは原発がんより多くのブドウ糖を摂取するため、PET検査は再発がんの早期発見に絶大な威力を発揮します。

PET検査は全身を一度に検査できますから、予期せぬ部位に転移したがんの発見にも大変役立ちます。なぜならば転移したがんがどの臓器に出現するかは予測困難だからです。従来は可能性の高い臓器だけを狙ってCTや超音波検査など他の画像診断を行っていましたので、PET検査の導入のおかげでがんの転移や再発の早期発見などの成果があがってきています。

PET検査はがんの転移、再発という恐怖と戦うがん患者にとって、大変心強いものとなっています。このように転移・再発のフォローアップに定期的なPET検査を行うことで、大きな安心を得ることができます。

PET検査による再発・転移診断の有用性は日本でも認められており、肺がん、乳がん、大腸がん、頭頸部がん、脳腫瘍、悪性リンパ腫、悪性黒色腫の転移・再発診断において健康保険が適用されます。 保険適用の条件としては、主治医や各検査機関に問い合わせる必要がありますが、一般的には以下の通りです。
「他の検査、画像診断によりがんの存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない方でPET検査を受ける方は保険適用が可能される」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。