PET検査で発見しやすいガンとしにくいガン

PET検査はがんの早期発見や診断に威力を発揮しますが、すべてのがんに有効ではなく、決して万能な検査ではありません。 また一部マスメディアなどで時折見かける「数ミリのがんも発見できる」といった表現は正しいとは言えません。

PET検査で発見しやすいがんは、頭頚部がん、肺がん、乳がん、膵がん、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などです。

逆にPET検査では発見しにくい、がんは、肝がん、胃がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、子宮頸がんなどです。

PET検査で発見しにくいがんは、尿経路の臓器です。 使用するFDGが尿中に排出されてしまうため、膀胱や腎臓、尿管などにはどうしても薬剤が集まってしまい、その付近のがんは見落としてしまう可能性があります。 また胃がん、原発性の肝がんなども発見しにくいがんです。さらに炎症を起こしている部位や良性腫瘍などを、がんとして捉えてしまうこともあります。

PET検査では、薬剤の集積は血糖値に大きく影響されるので、糖尿病の患者さんがPET検査を受けるときには注意が必要です。 PET検査が苦手とする部位には、CTやMRIなどその他の画像診断や内視鏡検査などを組み合わせると効果的です。 PET検査は確かに万能ではありませんが、得意、不得意を正しく認識してCTやMRIなどと連動して行うことで高い精度の検査をおこなうことが出来るのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。