まずはPET検査を

PET検査は決して万能ではありません。がんを見逃してしまう危険性がないわけではないからです。 PET検査は他の形態画像診断であるCTやMRIに比べてがんを見逃してしまう確率は低いといわれています。逆にPET検査で異常が見つかった場合は、組織を採取しての診断など、より詳細な検査に進みます。

PET検査を行った後で、わざわざ更に詳細な検査を行う理由は、PET検査が炎症や良性腫瘍など、がん以外のものも検出してしまう可能性があるからです。 この段階で精密な検査を行わず、がんでないものをがんと診断して治療を行ってしまうと、さらにリスクの高い治療を患者に強いてしまうこととなります。

PET検査のメリットはPET検査を最初に行うことで、患者の肉体的かつ経済的な負担を軽減できるところにあります。 腫瘍の良性か悪性かの診断がかなり高い精度で可能になったため、陰性の場合はよほどのことがない限りそこで検査は終了します。

PET検査を最初に行うことは、患者にとって何度も検査をする必要がなくなり、肉体的負担が減ります。それと同時に不必要な検査を減らすことも可能となります。しかも精度の高い検査をすることが出来ます。 このようにPET検査をおこなうメリットは大きいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。