PET検査とCT、MRI

PET検査はCTやMRIと比べられますが、少し異なります。 CTはX線を体の外側から照射して断層像を撮影する検査で、MRIは磁気を使って体の断層を撮影する検査です。それではPET検査の仕組みについて説明します。

PET検査は陽電子を放出する放射性同位元素で標識された薬剤を被検者に投与し、その分布をPETカメラで撮影することで脳・心臓など臓器の局所機能を画像に描出し、病気を診断する検査法です。

PET検査先進国のアメリカには「PET First」という言葉があり、PET検査はがん診断のファースト・ステップに位置づけられています。 従来はCTやMRIなどで、がんの疑いが判明したとき、それだけでは腫瘍の良性・悪性の鑑別が難しいために、内視鏡検査や試験開腹といった検査が行われてきました。しかし、これでは患者の肉体的負担と経済的負担が大きく、いかにしてそれらの負担を無くすかが課題となってました。

PET検査は腫瘍の良性・悪性の鑑別を得意としています。そのPET検査が登場してからというもの、まずPET検査を行い、異常がある場合は次の検査に進み、異常が見られない場合は検査をストップないし経過観察するという流れができあがりました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。