がん予防12カ条その4

PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。 しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。 財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」のJKです。

J適度に運動をするようにこころがけましょう。
栄養、運動、そして休養は、健康な生活を送るための条件といえます。疲労やストレスがたまると体の色々な生理機能が低下し、病気にかかりやすくなります。気分転換のためにも健康づくりのためにも、適度な運動をしましょう。

K体をいつも清潔にしましょう。
毎日シャワーや入浴をして体を清潔に保つことで、皮膚がんや陰茎がん、子宮頸がんなどが予防できます。皮膚の汚れを取り除き、いつも清潔に心がけましょう。

PET検査を各検査機関で受けられるようになり、条件はあるものの保険適用がされるようになってきました。現代病といわれるがんですが、がんは早期発見できればそれほど怖い病気ではなくなってきました。PET検査は今後も更にがんの早期発見に役立つことでしょう。

しかし一番良いのはPET検査を受けずにすむ健康な身体を維持し続けることです。 もう一度自分の身体を見つめなおすことが大切です。

がん予防12カ条その3

PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。 しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。 財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」のG〜Iです。 G焦げた部分は避けましょう。
魚や肉を焼いて焦がすと、細菌などに突然変異を引き起こす物質が生じることが最近明らかになってきました。焦げた肉や魚の一食分で口に入る発がん物質の量は、ごくわずかなのであまり神経質になる必要はありませんが、焦げた部分を大量に食べることは避けた方がよいでしょう。

Hかびの生えたものに注意しましょう。 ナッツ類やとうもろこしにつくかびには強い発がん性が認められています。日本では輸入の際に厳重にチェックされているので危険はありませんが、口に入れる前には念のために確認するとよいでしょう。ちなみに日本産のピーナッツは安全です。 I日光に当たりすぎないようにしましょう。 紫外線で焼けた肌は一種のやけどの状態にあり、炎症が続くと細胞の遺伝子が傷つけられ、がんを誘発する可能性も高くなります。肌の焼きすぎには注意しましょう。

がん予防12カ条その2

PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。 しかしがんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけからある程度身を守ることができます。 財団法人がん研究振興財団で発行された「がんを防ぐための12カ条」のD〜Fです。

Dたばこは吸わないようにしましょう。
ある調査では1日25本以上たばこを吸う人は、吸わない人に比べて肺がんになる割合は7倍以上、喉頭がんは倍以上の死亡比になることが分かっています。がん予防のために禁煙もしくは本数を減らすことをおすすめします。

E食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く摂りましょう。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンや食物の繊維質は、がんの発生を防ぐ作用があることが明らかになっています。ビタミンや繊維成分を、自然の食品の中からしっかり摂ることが大切です。

F塩辛いものは少なめに、熱いものは冷ましてから飲みましょう。
日本人に多い胃がんの発生に密接な関係を持つとされているのが、塩分の摂取です。また、熱い茶がゆをよく食べる地方に食道がんが多いという報告もあります。塩分は控えめにし、熱いものは冷ましてから食べることをおすすめします。

がん予防12カ条その1

PET検査の登場である程度のがんは発見できるようになりました。 しかし、がんは誰でもかかる恐れのある病気です。完全ながん予防はできませんが、毎日の生活のちょっとした心がけから、がんのリスクからある程度身を守ることができます。

財団法人がん研究振興財団では、できるだけがんの原因を取り除こう、という思いから統計や実験データをもとに「がんを防ぐための12カ条」を発行しました。これといって難しいことはなく、誰にでもできる簡単なことです。ぜひ、これを機に日頃の生活を見直してみてください。

@バランスの取れた食事をしましょう。
栄養バランスが崩れると、様々なかたちで体に支障が現れ病気の原因になりますが、がんもその例外ではありません。偏食せずバランス良く食べることが大切です。

A毎日、変化のある食生活をおくりましょう。
どんなに好きな食べ物でも、ワンパターンな食事は避け、バラエティー豊かな食生活を心がけましょう。

B食べ過ぎを避け、脂肪は控えめにしましょう。
いくらおいしい物でも食べ過ぎは禁物です。特に、脂肪を多く摂りすぎると乳がんになりやすいという報告もあり、また、その他のがんとも関連性があると指摘されています。食べ過ぎと脂肪の摂りすぎには気をつけましょう。

Cお酒はほどほどにしましょう。
過度の飲酒は肝臓がんだけでなく、口腔がん、喉頭がん、食道がんにも関係があるといわれています。強いお酒は薄めて飲むなど工夫をし、健康的に楽しみましょう。

がん細胞

PET検査はがん検査に大変有効な検査なのですが、がんとはいったいどのようなことが原因でなるのかご存じでしょうか。意外と知られていない、がんの特徴をしたいと思います。

がんは遺伝子の病気です。私たち人間は約60兆個の細胞で構成されており、遺伝子によって常に適度な数を保つようコントロールされています。 しかし突然何らかの原因で遺伝子に異常をきたし、無秩序に増殖を続ける細胞が現れます。これが「がん細胞」です。

「がん細胞」は成長すると正常細胞が必要とする栄養分まで摂取し、身体を衰弱させます。次第に周囲の細胞にジワジワと浸潤し、ついには血管やリンパ管から全身へ転移し、最後には人間を死に追いやります。がんの早期発見による的確な治療が、がん克服の大きなカギになります。

がんの怖さは初期段階において自覚症状が現れにくいところです。がん化した細胞は10年から20年かけてゆっくりと成長し、目に見える大きさになるまでに長い年月を要します。その進行具合によって生存率が変わってきます。がんの場合、自覚症状が現れた時点では手遅れのことが多く、そのため早期発見のタイミングが、がんの治癒率を大きく左右します。 PET検査はそんながんの早期発見に大変役立ち、成果を上げられるものなのです。

再発がん・転移ガンのPET検査

PET検査はがんの転移や再発に対しての検査にも活用されています。 一般的に再発がんは原発がんより多くのブドウ糖を摂取するため、PET検査は再発がんの早期発見に絶大な威力を発揮します。

PET検査は全身を一度に検査できますから、予期せぬ部位に転移したがんの発見にも大変役立ちます。なぜならば転移したがんがどの臓器に出現するかは予測困難だからです。従来は可能性の高い臓器だけを狙ってCTや超音波検査など他の画像診断を行っていましたので、PET検査の導入のおかげでがんの転移や再発の早期発見などの成果があがってきています。

PET検査はがんの転移、再発という恐怖と戦うがん患者にとって、大変心強いものとなっています。このように転移・再発のフォローアップに定期的なPET検査を行うことで、大きな安心を得ることができます。

PET検査による再発・転移診断の有用性は日本でも認められており、肺がん、乳がん、大腸がん、頭頸部がん、脳腫瘍、悪性リンパ腫、悪性黒色腫の転移・再発診断において健康保険が適用されます。 保険適用の条件としては、主治医や各検査機関に問い合わせる必要がありますが、一般的には以下の通りです。
「他の検査、画像診断によりがんの存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない方でPET検査を受ける方は保険適用が可能される」

PET検査で発見しやすいガンとしにくいガン

PET検査はがんの早期発見や診断に威力を発揮しますが、すべてのがんに有効ではなく、決して万能な検査ではありません。 また一部マスメディアなどで時折見かける「数ミリのがんも発見できる」といった表現は正しいとは言えません。

PET検査で発見しやすいがんは、頭頚部がん、肺がん、乳がん、膵がん、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などです。

逆にPET検査では発見しにくい、がんは、肝がん、胃がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、子宮頸がんなどです。

PET検査で発見しにくいがんは、尿経路の臓器です。 使用するFDGが尿中に排出されてしまうため、膀胱や腎臓、尿管などにはどうしても薬剤が集まってしまい、その付近のがんは見落としてしまう可能性があります。 また胃がん、原発性の肝がんなども発見しにくいがんです。さらに炎症を起こしている部位や良性腫瘍などを、がんとして捉えてしまうこともあります。

PET検査では、薬剤の集積は血糖値に大きく影響されるので、糖尿病の患者さんがPET検査を受けるときには注意が必要です。 PET検査が苦手とする部位には、CTやMRIなどその他の画像診断や内視鏡検査などを組み合わせると効果的です。 PET検査は確かに万能ではありませんが、得意、不得意を正しく認識してCTやMRIなどと連動して行うことで高い精度の検査をおこなうことが出来るのです。

まずはPET検査を

PET検査は決して万能ではありません。がんを見逃してしまう危険性がないわけではないからです。 PET検査は他の形態画像診断であるCTやMRIに比べてがんを見逃してしまう確率は低いといわれています。逆にPET検査で異常が見つかった場合は、組織を採取しての診断など、より詳細な検査に進みます。

PET検査を行った後で、わざわざ更に詳細な検査を行う理由は、PET検査が炎症や良性腫瘍など、がん以外のものも検出してしまう可能性があるからです。 この段階で精密な検査を行わず、がんでないものをがんと診断して治療を行ってしまうと、さらにリスクの高い治療を患者に強いてしまうこととなります。

PET検査のメリットはPET検査を最初に行うことで、患者の肉体的かつ経済的な負担を軽減できるところにあります。 腫瘍の良性か悪性かの診断がかなり高い精度で可能になったため、陰性の場合はよほどのことがない限りそこで検査は終了します。

PET検査を最初に行うことは、患者にとって何度も検査をする必要がなくなり、肉体的負担が減ります。それと同時に不必要な検査を減らすことも可能となります。しかも精度の高い検査をすることが出来ます。 このようにPET検査をおこなうメリットは大きいでしょう。

PET検査とCT、MRI

PET検査はCTやMRIと比べられますが、少し異なります。 CTはX線を体の外側から照射して断層像を撮影する検査で、MRIは磁気を使って体の断層を撮影する検査です。それではPET検査の仕組みについて説明します。

PET検査は陽電子を放出する放射性同位元素で標識された薬剤を被検者に投与し、その分布をPETカメラで撮影することで脳・心臓など臓器の局所機能を画像に描出し、病気を診断する検査法です。

PET検査先進国のアメリカには「PET First」という言葉があり、PET検査はがん診断のファースト・ステップに位置づけられています。 従来はCTやMRIなどで、がんの疑いが判明したとき、それだけでは腫瘍の良性・悪性の鑑別が難しいために、内視鏡検査や試験開腹といった検査が行われてきました。しかし、これでは患者の肉体的負担と経済的負担が大きく、いかにしてそれらの負担を無くすかが課題となってました。

PET検査は腫瘍の良性・悪性の鑑別を得意としています。そのPET検査が登場してからというもの、まずPET検査を行い、異常がある場合は次の検査に進み、異常が見られない場合は検査をストップないし経過観察するという流れができあがりました。

PET検査とは

PET検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、X線CTのような装置で、心臓や脳などの働きを断層画像としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法です。PET検査が普及することにより様々な病態の診断に役立つようになりました。

PET検査では、ポジトロンを放出する薬を、静脈から注射したり、呼吸により体内に吸入してもらいます。くすりが体の中を移動して、心臓や脳などからだのいろいろなところに集まる様子を、からだの外から「PET装置」で撮影します。 検査の目的に合わせてくすりを選ぶことにより、脳や心臓、がんなどの診断ができるのです。

PET検査を受けると様々な病態が分かります。 例えばがんの場合だと、ほとんどのがんの診療に有効です。肺癌や大腸がん、食道がん、膵がんなどの消化器系のがん、子宮がんなどの婦人科系のがんや甲状腺がん、乳がん、悪性リンパ腫や骨腫瘍、悪性黒色腫などの診断にも役立ちます。

PET検査はがんの転移を見つけるのにも大変役に立ちます。 がんは転移のあるなしによって治療法が変わります。そのためPET検査はとても有効なんです。以前の検査では分かりにくかったがんの転移なども、PET検査によって早期に発見出来るようになってきています。
タグ:PET検査

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。